診療コラム [大腸内視鏡]

2014.01.8  Wednesday

大腸癌について

大腸カメラ(大腸内視鏡)は、腹痛や便通異常の原因から大腸ポリープ、大腸がん・大腸憩室・大腸潰瘍・慢性大腸炎などの有無を検査し、場合によっては治療したり、治療方針を決定するのに必要となります。
大腸がんは年々死亡原因の中での比率が上昇してきています。しかしながら、小さなポリープの段階から徐々にがんになることが知られており、転移したり、生命を脅かすに至る以前に、小さなポリープの段階で発見できれば、カメラを使って切除することが可能です。
症状をお持ちの方はもちろん、がん年齢(40~60歳代以降)になり、未だ検査されたことのない方にも検査をお勧めします。
また、ポリープが発見されたことがある方には、多発する体質の方が多いことから、1年~2年毎の定期検査をお薦めします。
具体的には、検査予約日に、飲み薬で便を洗い流し、お尻からカメラを挿入していきます。詳しくは、「大腸内視鏡検査の手順」をご覧下さい。

ポリープが発見された場合、その場で引き続き、内視鏡的治療(手術)をさせていただくことも可能です。もし、ポリープ治療(手術)を行なった場合、食事・入浴・力仕事などで生活上の制限が多少必要となります。
手術したポリープは、がんか否かを顕微鏡で確認しますので、後日2週間後以降にご来院の上、説明いたします。検査や治療に関しましては、心臓病、前立腺肥大、緑内障、定期的に内服しているお薬などがありましたら、あらかじめお知らせください。

カテゴリー:

クリニック・診療時間のご案内

総合内科・胃腸内科・レーザー脱毛

なかむらファミリークリニック

〒861-8001 熊本市北区武蔵ヶ丘7-1-1

tel:096-339-1711

地図

当医院専用駐車場有ります

アクセスの詳細はこちら

内科

レーザー脱毛

2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2017年9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2017年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
ドクター紹介 クリニック紹介